Home > 医科臨床研修 > プログラムの紹介

プログラムの紹介【山口大学卒後臨床研修プログラム】

ふたつのプログラムコース

全方向型自由設計コース(定員24名)
小児科・産科婦人科・周産期コース(定員4名)

プログラムの目的

医師としての人格を涵養し、将来の専門性にかかわらず、医学・医療の社会的ニーズを認識しつつ、 日常診療で頻繁に遭遇する病気や病態にも適切に対応できるようなプライマリ・ケアの基本的な診療能力(態度、技能、知識)を身につけます。

プログラム責任者

【管理・運営責任者】 山口大学医学部附属病院長  杉野 法広
【プログラム責任者】 全方向型自由設計コース:木村 和博(眼科学教授)
小児科・産科婦人科・周産期コース:杉野 法広(産科婦人科学教授)

指導医と指導体制

研修医は、本院、協力病院及び協力施設の各診療科及び診療部門に配置され、そこで研修医ごとに決定される指導医の指導のもとで、プログラムに沿った研修を実施します。 指導医は各診療科及び診療部門において、研修プログラムを作成し、症例ごとに個別に指導し、研修医の評価を行います。各診療科及び診療部門の指導責任者はこれを統括し、 必要に応じて研修体制及びプログラムの見直しを行います。

コース概要・基本構成(両コース共通)

2年間の臨床研修は、必修科10ヶ月、選択必修科2ヶ月、選択科12ヶ月から構成されます。

必修科 内科*6ヶ月、救急部門3ヶ月、地域医療1ヶ月
選択必修科 外科**、麻酔科、小児科、産科婦人科、精神科のうち2科を1ヶ月ずつ
選択科 皮膚科、放射線科、放射線治療科、総合診療部、病理診断科を含む全ての診療科
*内科は、
第一内科(消化器内科)
第二内科(循環器内科・腎臓内科、膠原病内科)
第三内科(血液・内分泌代謝内科)
神経内科
呼吸器・感染症内科とします

**外科は、
第一外科(心臓外科、血管外科、呼吸器外科、小児外科、消化器・一般外科)
第二外科(消化器・腫瘍外科)
整形外科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、脳神経外科とします

ローテーション案を作成する場合のルール

原則(両コース共通)
  • ローテーション案の立案については、2年間で到達目標を達成できるよう計画すること(【臨床研修の到達目標】を参照)
  • 必修科としての内科及び救急部門は1年目に研修すること
  • 地域医療は2年目に研修すること(12月までに研修すること)
  • 2年間のうち、8ヶ月以上(地域医療を除く)を山大病院で研修すること
  • 内科(必修科及び選択科)の期間の内訳については、2ヶ月以上、複数科での組み合わせも可能です
原則(小児科・産科婦人科・周産期コースのみ)

全期間(2年間)のうち、小児科または産科婦人科を計8ヶ月以上研修すること

    〈アドバイス〉
  • 将来の進路をすでに決めている場合、その診療科から研修開始すると、2年間の目標やローテーション先での目的意識が明確になり、 研修のモチベーションが維持しやすくなります。
  • ローテート研修は、新しい環境に慣れるまでに時間が必要です(研修開始時の診療科は3ヶ月間が最適)。
  • 協力病院での研修期間は、原則として3ヶ月以上とします。また、研修先での処遇となるため、 異動の際には、その都度採用等に係る手続が必要となります。
  • 研修中の転居費用については補助制度がありません。地域医療教育研修センター(白翔館)に入居し、院内で研修を開始している場合には、 協力病院での研修期間の退去を免除できることがあります(要相談)。
  • 県外の協力病院での研修を希望する場合には、診療科からの紹介など付帯条件がありますので、事前に研修医・専門医支援部門へ相談してください。

マッチング後のローテーション案の決定について

  • 研修予定者は、研修開始前年の所定の期間までに、次年度のローテーションの希望案を提出します(1年ごとに次年度のローテーションを決めていきます)。
  • 協力病院での研修期間や人数、大学病院内でのローテ順などは、人数の偏りや希望を考慮し、 医療人育成センター 研修医・専門医支援部門が個別に相談しながら調整します。
  • ローテーションの時期は、できるだけ研修医がひとりではなく複数一緒に学べるように配慮しています。
  • 院内のローテーションについての変更は、1ヶ月以上前に所定の手続を行うことで、随時対応可能です。
  • 協力病院については、ローテーションが確定した後は、原則的に病院の変更などはできません。

たすき掛け研修

山口大学だけの研修を行うことも可能ですが、より多様な疾患を幅広く経験できる協力型臨床研修病院とのたすき掛け研修を推奨しています。 複数の病院を選択することができますので、特に勉強したい内容を短期間選択して研修することも可能です。

研修プラン 1年目 2年目
プラン1【1年目大学コース】 山口大学 山口大学 + 協力病院E
プラン2【1年目協力病院コース】 協力病院A
プラン3【1年目混合コース1】 山口大学 + 協力病院B
プラン4【1年目混合コース2】 協力病院C + 協力病院D

協力病院とのたすき掛け研修を希望する場合は、以下の病院から選択することができます。 プラン4のように、複数の協力病院で研修することも可能です。

協力病院名 必修 選択必修
内科 救急 外科 麻酔 小児 産婦 精神
独立行政法人国立病院機構岩国医療センター
山口県立総合医療センター
独立行政法人国立病院機構関門医療センター
地方独立行政法人下関市立市民病院
独立行政法人労働者健康福祉機構山口労災病院
独立行政法人地域医療機能推進機構徳山中央病院
社会福祉法人恩賜財団済生会支部山口県済生会下関総合病院
医療法人社団宇部興産中央病院
独立行政法人国立病院機構山口宇部医療センター
山口県厚生農業協同組合連合会周東総合病院
社会福祉法人恩賜財団済生会支部山口県済生会山口総合病院
独立行政法人地域医療機能推進機構下関医療センター
山口県厚生農業協同組合連合会小郡第一総合病院
綜合病院山口赤十字病院
社会福祉法人恩賜財団済生会支部山口県済生会豊浦病院
萩市民病院
山口県厚生農業協同組合連合会長門総合病院
独立行政法人国立病院機構浜田医療センター
独立行政法人労働者健康福祉機構愛媛労災病院
益田赤十字病院
財団法人平成紫川会社会保険小倉記念病院

※記載のない病院については、医療人育成センターにご相談ください。

各診療科において、それぞれの専門医の取得を目指したモデルコースを作成していますので、ローテーションを検討する際に是非ご参考ください。 あくまでモデルコースですので、実際にローテーションを決定する際には、個別の調整を行います。

モデルコース

研修・学習環境について

  • 学内・院内LAN、無線LANに接続した情報端末からは、Up To Date、DynaMed、Procedures CONSULTなどの利用が常時可能です。 医学部図書館の文献検索も利用できます。
  • さまざまなシミュレータを備えたクリニカルスキルアップセンターも利用できます。
  • 大学発行のメールアドレスについては、協力病院での研修中も含め、2年間の利用が可能です。

実際の研修にあたって

研修修了のためには、【臨床研修の到達目標】内の必修項目の経験が必要です。 実診療でのさまざまな経験に加えて、外科症例(手術を含む)の受け持ち、症例レポートの提出や、CPC(臨床病理検討会)での症例提示、レポート作成などが不可欠です。 なお、山大病院での研修期間中は、CPCおよび研修医・専門医支援部門の主宰する勉強会・講演会、全職員対象の医療安全講習会、感染対策研修会等への出席が必須です。

研修医の評価と修了証の交付

研修の自己評価および指導医からの研修医の評価は、予め設定された研修目標と評価チェックリストに基づき、 オンライン卒後臨床研修評価システム(EPOC)を利用して行っています。
卒後臨床研修管理委員会は、研修終了時にEPOC等の資料をもとに審議し、研修プログラムの目的を達成したと考えられる研修医に研修修了証を交付します。

指導医の評価

研修医から指導医に対する評価及び研修医の達成度自己評価に基づき、管理委員会で審議し、最終評価を行います。 指導医として適切でなかったと考えられるものに対しては、管理・運営責任者が具体的な指導を行います。

処遇

  • 勤務時間     8時30分~17時15分
  • 給与       約38万円/月
             *臨床研修手当14万円含む、宿日直手当なし、賞与なし
             *2ヶ月を超える協力病院での研修は、研修先の処遇となります。
  • 諸手当      住居手当、通勤手当(通勤距離2キロ以上の場合)あり
  • 保険       社会保険・厚生年金あり、労災適応あり
  • 医師賠償責任保険 病院としての加入あり(個人加入分についても臨床研修期間中は大学負担です)
  • 宿舎       あり 地域医療教育研修センター(白翔館)
  • 学会参加     可(学会参加のための旅費支援あり)
  • 医学部同窓会(霜仁会)の会費無料
  • 山口大学医師会への会費無料

Copyright Yamaguchi University Hospital All rights reserved.