部門紹介

部門長あいさつ

澁谷教授
澁谷 景子
山口大学大学院医学系研究科
放射線腫瘍学講座 教授
「男女共に活き活きと働ける環境作りのお手伝いを」
 より良い医療を提供するための条件は、我々医療人が活き活きと個々のスキルを磨き、一人ひとりの役割にやり甲斐をもって専念できることではないかと考えます。そしてそれは、お互いが少しずつ力を出し合い、助け合うことのできる環境において、より容易に達成できるのではないかと思います。
 働き方の多様化が進み、ワークライフバランスの重要性が増しています。男女がともに働きやすい職場環境を整えることで、個人の能力は最大限に発揮され、職場の活気が保たれます。同時に、家庭生活の充実も、大切な課題です。男女がともに子育てや教育に参画できるよう、両立支援の体制が十分に確保されなければなりません。
 男女共同参画支援部門は、山口大学医学部附属病院・医療人育成センターの部門の1つとして平成23年に設立されました。私たちは、附属病院のスタッフのみならず、小串キャンパスで働く大学院医学系研究科や医学部職員が男女共に活き活きと働き、キャリアを積むことのできる環境づくりのお手伝いをしたいと考えています。
 課題は山積していますが、職員の皆さんと情報や問題点を共有しながら、医療人・大学人として社会的使命を果たそうとされる方々の応援団となり、男女共同参画支援部門を通して互いに支え合えたいと願っています。


男女共同参画支援部門の役割

仕事とライフイベントの両立を目指して

 男性も女性もが共に働きやすい職場となることを目指します。結婚・出産・育児・介護などのライフイベントを迎えても自分のキャリアを継続できるように,山口大学における「仕事と家庭の両立のための制度」の普及を進めていきます。
 また,山口県医師会男女共同参画部会などとも協力し合い,就業や復職についての相談に対応します。


スタッフ紹介

部門長 澁谷 景子 放射線腫瘍学講座 教授
副部門長 德田 信子 基礎検査学講座 教授 山口大学男女共同参画推進室 室員
山口県医師会男女共同参画部会 山口大学選出理事